Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日帰りで1歳児と一緒に、酒々井のアウトレットへ

都内から、ちょっと遠出して買い物に出かけたいと思い、
金曜日に酒々井プレミアムアウトレットに行ってきました。

うちの子どもは、現在1歳8ヶ月。
小さい子どもがいると、ショッピングモールや
アウトレットがなんだかんだでお出かけ場所の定番に
なりますね。

子連れのお出かけは、
アクセスに施設の作り等、
色々情報収集を先にしておきたいもの。

特に、酒々井は我が家には未開拓の田舎です。

そういった理由から、今回は
酒々井プレミアムアウトレットに、子連れで行く際に
必要そうな情報を記事にしていきたいと思います。



我が家は、電車(京成本線)とバスでアウトレットに行きました。

まずは何より京成酒々井駅に向かいます。
酒々井駅を降りると、アウトレット行きのバス停までは
非常にシンプルで、案内を見ればすぐにわかります。

駅前のバス停はこんな感じです。

酒々井1

駅前・駅中には、コンビニはなく、
周囲にもうなぎ料理やとラーメン屋がそれぞれ一軒づつ、
あった程度です。

注意が必要な事は、
酒々井アウトレットまでの路線バスの本数は少ない為、
電車の時刻とバスの時刻を調べて置き、
乗り継ぎ時間をなるべく少なくなるように
考えておいた方が良いと思います。


酒々井プレミアムアウトレット行きバス時刻表

乗車後15~20分、
田舎道をバスに揺られていると、
アウトレットに到着です。

バスを降車後、アウトレット内に入る前に、
帰りのバスの時刻を写真で撮影しておく事を
おすすめします。


以下が
僕が撮影したバスの時刻表です。
酒々井2

やはり、バスの本数が少ないので、
子どもと寒空の下、バス待ちしない為にも
準備が必要です。
ちなみに、運賃は片道250円(大人)、130円(小児)です。


さて、いよいよアウトレットに到着です。
到着は、12時頃でしたが、平日の為か
人は閑散としていて非常に歩きやすかったです。

酒々井3

我が家は、以前、あみプレミアムアウトレットにも
行ったことがあるのですが、
全体的なつくりは似た印象があります。


さっそくお昼ご飯に、
フードコートで僕はラーメン(650円)を
妻と娘はうどん(650円?)を食べました。

酒々井4

食事のテナントは、
イタリアン、すし屋、カフェとあるのですが、
1~2歳位のお子様と一緒なら
フードコートで食べる事になりそうですね。


フードコート内は、
洋食屋、ラーメン、うどん、韓国料理、お好み焼き、
ファーストフード、アイス、イタリアンといった
飲食店がは入っていました。

事前に調べたブログの中では、
平日でも昼時のフードコートは入れない位お客さんで
いっぱいと記載されている事が多かったですが、
僕たちがいった時は、お客さんは7割程度でした。
子ども用のイスももちろんありましたよ!

時間帯は17時頃に撮影した写真で、
フードコートの雰囲気が伝わればと思います。
↓↓↓
酒々井8


食事を終えてからは、買い物に出発です。
おそらく3時間程度あれば、
一通りじっくりみられると思いますが、
そこは子どものご機嫌次第かもしれませんね。

我が家は、

奥さんのショートパンツ500円(定価3000円)
子ども(90cm)のショートパンツ1500円(定価3500円)
グラス4つ 600円(定価1200円)
僕のスーツ上下30000円(定価不明)
などなど、

秋から冬にかけてという事もあり、
結構色々な商品が50~70%くらい割引されていましたよ。


買い物に疲れ、子どもが寝てからは、
やっぱり、カフェですね。

主なところは、デリフランスとスターバックスが
あります。

わかったように言いましたが、
デリフランスというお店を見るのは初めてで、
デリフランスでお茶をする事にしました。

お茶だけのつもりが、小腹も空いたので
ホットコーヒーとタンドリーチキンのサンドウィッチを注文。

酒々井5

それと、千葉県と言えばピーナッツ。
見た目からわかりにくいですが、
ピーナッツを使用したパンを選んでみました。

酒々井6

ん~…味は普通においしい。
サンドウィッチの方は、パンがほんのり甘く、
僕は結構おいしく食べられました。


夜になると、
今の季節はイルミネーション。
アウトレットの周囲が暗い分、
光が際立ってきれいでした。

酒々井7

ただ寒いので、これからの時期、防寒はしっかり必要です。


最後になりましたが、
酒々井のアウトレットにも、もちろん
授乳室やオムツ替えスペースがありました。

一般のトイレは、外気温と大差がなく、
寒い印象があったので、オムツ替えは、
授乳室(ベビールーム)で行うとよいと思います。

また、ベビールームには、
オムツ(M/L)も売ってましたよ。

酒々井9

それと、レンジ等もありました。

酒々井10


なんだかんだで、
帰宅は19時過ぎになってしまいました。

これからの時期は、きっと寒いと思うので、
子どもの体調に気をつけて
楽しんできてくださいね!
スポンサーサイト

九州に旅行はどの航空会社?格安航空機の比較

今年も夏休みの季節がやってきました。

旅行好きの夫婦ですが、
子どもが産まれてから、夏休みは奥さんの実家、
熊本に里帰りすることになっています。

九州に行くなら、たいていの方が飛行機を
利用すると思います。新幹線では、
博多に行くまでに6時間はかかりますから…。

この7月~9月までは、多くの方が夏休みシーズンで、
旅行や帰省に飛行機を利用したり、
宿をとったりするので、どうしても旅費が
高くなりやすい傾向があると思います。

我が家も毎年、何度か熊本に帰省する為に、
熊本までの航空運賃を少しでも安くできるよう
航空会社や飛行機の時間帯などをたくさん調べ、
旅費の節約に励んでいます。

昨年、9月に帰省した際にブログに記事を
書きました。
その記事では、九州までの航空運賃を
できるだけやすくするなら、
スカイマーク(SKY)かソラシドエア(SNA)を
おすすめしていました。

過去記事:九州旅行 飛行機はソラシドエアがおすすめ

スカイマークもソラシドエアも、
搭乗の1~2ヶ月前に、飛行機を予約すると
約1万円前後で航空券を購入できたからです。

いわゆるLCC?みたいなものなんですかね。
大手の航空会社と比較すると、
運賃が非常に安い事がわかってから、
熊本を始め、九州に旅行する際には、
これらの航空会社を最近では専ら利用していました。

東京羽田空港から阿蘇熊本空港までは、
およそ1時間10分程度の空旅。
ひと寝入りしたら、あっという間に
到着してしまう距離。
それでしたら、多少座席が狭かったり、
都合が悪くても安いに越したことはないですよね。

しかし、今年も同じように安い航空券がないか、
インターネットで検索していると、
意外な事実がわかりました。

それは、

時間帯によっては、JAL(日本航空)やANA(全日空)の
大手航空会社の方が、スカイマークやソラシドエア等の
会社よりも、航空運賃が安い


という事を発見したのです。

意外じゃないですか??


例えば、9月第1週の東京(羽田)―熊本(阿蘇)間、
10時台の飛行機の運賃を調べてみます。

○行き:
ANA・JAL 15670円
SNA    9870円
SKY    10000円

○帰り:
ANA・JAL  9770円
SNA     9870円
SKY     11800円

行きの飛行機は、ソラシドエア(SNA)
帰りの飛行機は、JALやANAが最安値に
なっています。
帰りの運賃は、100円の差ですが、
価格がわずかに安い上に、
大手の航空会社に搭乗できるのは、
ちょっとこだわりたいところですよね。

比べてみてください。
※比較サイト経由からの予約では、手数料で
片道1050円がかかるようです。




羽田に比べると
全然小さな阿蘇熊本空港ですが、
そこは空港なので、それなりに広いです。
JALやANAと比較すると、
スカイマークやソラシドエアは、
搭乗口が一番遠くになりやすい為、
そういった意味からも、小さな子どもがいる家庭には
大手の方が条件がよかったりするんですよね。

ちなみに、熊本空港は、
試食がたくさんできるので、
それだけで結構楽しめますよ(笑)

箱根町のバスや電車等の授乳室事情

箱根旅行について、
おすすめホテル、フリーパスについて
前回と前々回で書きました。

箱根旅行の記事、3日目、
最後は箱根町の授乳室事情
我が家の体験や調べた事について
まとめていきたいと思います。


公共交通機関を利用して旅行する
子連れ家族にとっては、
授乳室の場所の確認は必須ですかね?

箱根に行く前に授乳室をインターネットで
調べていったんですけれど、
いまひとつイメージがつかなかったり、
どこにあるのか、ないのか曖昧でした。



主要な駅の授乳室は以下の通り。

授乳室2

桃源台~箱根湯本間は、
比較的授乳場所を確保しやすそうですが、
芦ノ湖畔の南側の箱根町港、元箱根町では、
授乳場所を考えておいた方が
良いと思います。


桃源台は、海賊船やロープウェイの発着場所で
お土産屋さんやレストランが併設しているので、
芦ノ湖畔のホテルの滞在した我が家にとっては、
結構便利な授乳スペースでした


桃源台の授乳室です。
蜀咏悄_convert_20121125171116

扉を開けると、
2人位が授乳できる空間があります(奥さん談)。

蜀咏悄+(11)_convert_20121125174816

桃源台駅の2Fにあるレストランです。
賑やかな場所なので、子どもが泣いても安心。
目の前には芦ノ湖が見え、
ロケーションも良かったです。

御殿場牧場の卵を使用したオムライスが
一番人気のようです。
蜀咏悄+(1)_convert_20121125174900

我が家も桃源台で授乳し、
元箱根・箱根港の方まで行ったのですが、
眠気以外では一度もぐずらず
ゆったり過ごせました。


また、早雲山駅の授乳室も似たような形態です。

早雲山駅の授乳室です。
蜀咏悄1_convert_20121125171157

早雲山駅は、ロープウェイとケーブルカーの
中継駅です。
ケーブルカーもロープウェイも適度な頻度で
発着していますので、待ち時間に授乳しておくと
後が楽かもしれませんね。


箱根湯本駅は、箱根町の玄関口で、
人で混み合うし、
駅事務室を使用しなければならないようなので、
ロマンスカーでケープを使いながら授乳する方が
余裕ありそうでしたよ。


8ヵ月の我が家のベビーは、
結構景色も楽しんでいた?ようで、
授乳間隔・場所を計画的に行うことで、
比較的余裕を持って移動が出来ました。

箱根旅行 小田急フリーパスで交通費を節約

箱根旅行では、
色々な乗り物に乗って移動する事が多いと
思います。

ご存じの方も多いかもしれませんが、
箱根旅行には、いくつか交通費を節約できる
フリーパスがあります。


今回、僕は箱根旅行に行くにあたり、
フリーパスを購入し、
箱根の往復や箱根内の移動をしました。

行く前から疑問に思っていた事で、
実際に フリーパス を購入・使用して
どの位交通費が節約できていたのか
検証してみました。



検証するフリーパスは、
   『箱根フリーパス』 です。



箱根フリーパス


概要


箱根フリーパスは、
小田急線往復の普通乗車券と
箱根町でのバスや電車の乗り降り自由券、
それと指定店舗での様々な割引サービスが
受けられるお得なチケットです。

箱根町での乗り降り自由区間を
小田急ホームページより引用しました。
rosenn_convert_20121125001008.jpg
箱根町を観光する交通手段としては、
概ね網羅されていると思われます。


無料になる交通機関

・箱根登山電車
・ケーブルカー
・ロープウェイ
・海賊船(遊覧船は有料です)
・小田急箱根高速バス
 (箱根園辺り~御殿場まで)
・箱根登山バス
・沼津登山東海バス
 (伊豆箱根バスは有料です)


利用期間・料金

小田急線内から利用が可能な為、
北千住からは、代々木上原までの乗車賃が
230円必要になります。


代々木上原から小田原や箱根湯本までは、
2日間有効 4980円
3日間有効 5480円
です。


我が家が箱根旅行で
フリーパスを使用した場合と使用しなかった場合の
かかった交通費を以下に表でまとめました。

驕玖ウダconvert_20121124233641

旅行の行程を解説させていただきます。

我が家は、北千住よりロマンスカーで小田原まで
乗車し、小田原から芦ノ湖畔のホテル
ザ・プリンス箱根まで無料送迎バスで行きました。

ザ・プリンス箱根≒箱根園と思ってください。
ほぼ併設された施設なので。

箱根園から、高速バスに乗り桃源台へ、
桃源台から海賊船で元箱根港まで乗車しました。

元箱根港周辺を散策した後、
午後6時位には、公共交通機関が全くなかったので
タクシーに乗り箱根園に戻りました。

2日目も箱根園から桃源台まで高速バスに乗り、
ロープウェイ、ケーブルカー、登山電車で
箱根湯本まで、そこから北千住まで
ロマンスカーに乗り帰ってきました。


表の合計欄を見ていただいてわかるように、
箱根フリーパスを使用したことで
約3000円の交通費を節約 して、
箱根旅行を楽しむ事ができました。



ちなみに、我が家は現在8ヵ月のベビーがいるので、
移動は比較的少ないほうだと思われます。
また、表には載せていませんが、
お土産代を割り引いていただいたり、
フリーパスによる割引サービスも受けられました。


我が家の今回のルートは、
おそらく箱根旅行をする人が利用する
最低限の交通手段のように思われます。

その為、結論的には、
箱根フリーパスを利用すると
少なくとも 3000円程度交通費を節約 でき
箱根を観光するなら概ね購入した方が
お得になりやすいと思われます。



僕は、箱根に行く前まで
フリーパスを購入した方が得かどうか迷っていたので、
この記事が何かご参考になれればうれしいです。

リッチに箱根旅行 芦ノ湖畔に宿泊 プリンス箱根

箱根旅行でどこへ行くのか、
何をするのかで宿泊先が
色々変わってくるかと思います。


温泉につかってゆったりと、
   非日常的な気分で
 ちょっとリッチに過ごしたい


と思っているなら、

芦ノ湖畔にある
ザ・プリンス箱根 をおススメしたいです。



我が家がこのホテルに宿泊しようとしたきっかけは、
プリンスポイントを利用できるという理由からでした。

無料でポイントを使用して宿泊できるからラッキー
という気楽な感じでプリンス箱根に向かったのですが、


・外観、内装の高級感
・サービス
・立地



どれを取ってもお気に入りのホテルになりました。

情報を整理してご紹介。



①ホテル外観・内装

蜀咏悄+d_convert_20121123221236

ホテルの正面玄関にあたります。
紅葉がとても綺麗で、
建物自体は他のプリンスホテルとは異なり、
周りの森林に溶け込むように低い作りになっていました。

蜀咏悄+a_convert_20121123221319

ホテルのロビーを抜けると、
客室までに素敵な通路があります。

この赤絨毯では、
結婚式も行われるようで、
そう!この道がバージンロードになるみたいなんです。

横に少しばかり見えているイスとテーブルでは、
寛いだり、箱根旅行の計画を立てられたりできますよ。


また次の写真は、
ホテルの客室から撮影した写真です。




蜀咏悄b_convert_20121123221403

この部屋、実は マウントビュー なんです。
十分すぎるほど、湖が見えません?
昼間のうちは、紅葉の山々と湖の海賊船が見えたり、
プライベートだけれども開放的な景観です。

お部屋のテラスには、テーブルとイスがあって、
暖かかったらテラスで朝食を食べたい位です。

蜀咏悄+c_convert_20121123221452


 ②サービス

基本的に、プリンスホテルの系列なので、
接客面はいつも心地良い気分にさせてもらっています。

プリンス箱根で特に良かったと思うのは、
『館内着』と『温泉』です。

プリンス箱根には、
ホテル内を移動する為の館内着とパジャマがあります。

館内着は、ホテル内のショップに行ったり、
温泉に行く時に着用するものですが、
どこかの民族衣装?
みたいに一見思えてしまいそうな衣類ですが、
結構着心地が良く、
宿泊者はみんなその館内着を着て温泉に行っていました。

館内の温泉では、
タオルをレンタルしてくれるので、
館内着を着ていれば、男性なら下着位を
ポケットに入れていけば、
ほぼ手ぶらで温泉に行く事ができました。

タオルや着替えを持ってお風呂に行くのって
結構手間ですよね。

温泉に行くこの手軽さは、心身ともに癒されますよ。

温泉自体の成分は、
リサーチできていないのですが、
奥さんと、
『温泉から帰ってくる人、みんな肌ピチピチだね』
と話をしていました。

たしかに、温泉に入った後の自分の肌もつるつるで
一番は次の日の奥さんの化粧のりが違いましたね。



③立地
芦ノ湖畔にある為、
非常に静かで、森林が多く、
非日常的な気分を味わうには申し分なかったです。


小田原駅から無料の送迎バス も出ています。
■小田原駅西口発
11:30A.M.
11:45A.M.
 2:00P.M.
 2:30P.M.(※1)
 4:00P.M.
 8:40P.M.(※2)
           ※1 毎週土曜日と休日のみ運行
           ※2 毎週金曜日のみ運行


このザ・プリンス箱根、
素敵なホテルで立地がすごく良いのですが、
あえてデメリットとしては、
この交通の不便さが挙げられますね。

昼間の時間帯は、特に気になりませんが、
箱根町は全体的に17時~18時程度で
お店もバスも終了します。


自家用車でないと夕食を他で食べてから
宿に戻ろうとするとタクシーを使用する必要がありますね。

我が家は、18時頃に元箱根町で夕食を食べ、
タクシーを使用してプリンス箱根に戻ってきました。

距離は約2.5km、1070円でした。

費用負担はそんなに高くはないですが、
気になる方は夕食の時間帯と場所を考えておくと
良いと思います。



恐れながらも
個人的な総合評価は ☆☆☆☆

立地は素敵だけれども
交通手段:夕方のバスが確保しにくかったという点が
若干の減点ポイントですかね。

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル 

また下調べでは、
プリンス箱根の近くには、
箱根園があるという事でした。

実際に行ってみると、
箱根園はほぼ併設している感じでした。

写真はプリンスカフェの前です。
蜀咏悄+e_convert_20121123221526

注目していただきたいのが、
天井です。

このようにホテルから箱根園は
アーケードのような作りになっているので、
雨が降っても全く問題なく、
水族館やプリンスカフェ、バス停等に
行く事ができた点は良かったです。

子連れには、特にありがたかったです。


せっかく箱根に行くなら、
時間にゆとりを持って、
寛げる旅にできると良いですね。

Extra

プロフィール

おめがね

Author:おめがね
20代 男性
節約しながら貯金して、
旅行やおいしい食事を
頂く事が好きです。
今年生まれた娘に
デレデレな一児のパパです。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。