Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャワーヘッドの交換で節水 シルクタッチシャワー(STWT-24N)

汗や皮脂の洗い残し、
シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しが気になるこの季節。
ホテルのようなお湯の勢いが
我が家のシャワーにもあればいいなぁとずっと思いながら、
弱い水流で時間をかけて、頭や身体を洗っていました。

シャワーヘッドを交換することで、シャワーの勢いをあげたり、
節水にもつながる事は、色々と聞いてはいたものの、
そんなに変わるの?と疑っては、
今のいままで既存のシャワーヘッドで、過ごしてきました。

ここ最近では、娘の髪も増え、
そろそろしっかり『髪を洗える』ようになってきた事もあり、
節水も兼ねてシャワーヘッドを購入してみました。

購入場所は、ホームセンターの島忠。

島忠では、非常に多くのシャワーヘッドを取り扱っており、
素人目には正直どれを購入すべきかわかりません。
そこで、素人なりに優先順位を考え、
それに見あった商品がないか探し始める事にしました。

考えた優先順位は、
1. お湯の勢いが強い
2. 節水効果が高い



こちらが購入したシャワーヘッドです。

シャワーヘッド


商品名:シルクタッチシャワー(STWT-24N) 
価格:3980円

本当は、もう一つ候補があったのですが、
そのシャワーヘッドは価格が5980円。
さすがにお金をかけすぎと思い、
少し価格を下げた商品にしました。

既存のシャワーと新しいシャワーで、
写真で比較してみました。
※見やすいかと思い、色のついた新聞を
 バックに写真を撮っています。


旧 シャワーヘッド

シャワーヘッド旧


シルクタッチシャワー(STWT-24N)

シャワーヘッド新

新しいシャワーヘッドは、
衝突速度40Km/h(一般的なシャワーの2倍)
自動車の速度並にお湯が出てきており、
写真で比較してみてもその勢いがわかりますかね?

『シルクタッチ』という商品名にもあるように、
勢いは強いけれども、実際に使ってみると
肌に当たる感じは、とても心地よいです。
マッサージされているかのような水圧で、
やさしい受肌感という売り文句にも納得。

気になる節水効果は、一般的なシャワーの1/2


お湯の勢いが強いので、本当に節水されているのか?と
思う位です。この点に関しては、
水道明細に変化が出てくることを期待したいです。


参考程度に、東京水道局によると、
一般家庭でシャワーを3分間使い続けると、
約36リットルの水が使われるようです。


こちらのシャワーヘッドには、
専用のアダプターが3つついており、
たいていのシャワーヘッドと交換はできるとの事。

KVK・MYM・ノーリツ・リンナイ・他ガス機器社製は、
アダプターが別途必要になる場合があると
記載されているので購入前に注意してくださいね。



リンクは、島忠のものではないのですが、
同じ商品をインターネットで送料無料にて
取り扱われています。

 【送料無料】新感覚節水シャワーヘッドアラミック☆シルクタッチシャワー【ホワイト】(STWT-24N) 


我が家は、シャワーヘッドを購入したことがなかったので、
購入前はどうしていいものか悩みましたが、
使ってみると、シャワーヘッドにこだわる理由が
すごくわかりますね。

5980円… ひょっとしたらお金を
出してもよいところだったかもしれません。



スポンサーサイト

パソコンのマウスには、充電池eneloop

パソコンのマウスは、どのような形状のものを
お使いですか?

マウスの種類には、
①USBケーブル方式(有線)
②ワイヤレス方式
の2種類があるようで、

我が家では、
ワイヤレス方式のマウスを使用しています。



使用しているマウスは、乾電池を使用するタイプで、
単3乾電池 を2本入れて使う必要があります。

例えばTVのリモコンに使っている乾電池だと、
一度使い始めたら結構長持ちしますが、
パソコンのマウスでは使用頻度が多い為か、
なくなるのが早くはないですか?

単3乾電池がなくなる度に、
その都度電池を購入するのも
お金がかかりますよね。

そこで我が家では、パナソニックの充電池
eneloop(エネループ) を使っています。

持っているeneloopは、単3のタイプが4本、
それと肝心の充電器。

僕と奥さんは、合わせるとだいたい4~5時間位、
毎日パソコンを使っています。

youtubeのような動画を楽しむだけだったり、
ワードやこのブログのように長い事キーボードや
マウスを使用する等、使い方は様々。

そうすると約3~4週間位に1回、マウス内のeneloopを
交換しているような状態です。

パナソニックによると、eneloopは1800回
繰り返し充電・使用できるようです。


我が家のように約1ヶ月に1回充電したとすると、
150年位使用できる計算になります。

だからマウスを使用している最中に
カーソルの動きが遅くなる等、電池が減ってきたと思えたら、
eneloopを交換して
充電した新たな2本を使うようにしています。

いくらでも繰り返し充電でき、
すぐに交換できる乾電池があると
電池代の節約だけでなく、
結構ストレスも減りますよ!


USBケーブル式のマウスなら電池の事は
きっと考えなくてもいいのでしょうが、
コードのわずらわしさのないマウスに慣れてしまい、
ワイヤレスにこだわった結果
我が家はeneloopに頼っています。

我が家で使っているタイプのeneloopです。
単3電池が4本、充電器が1つのセットです。

SANYO(サンヨー)エネループ(eneloop)くり返し1800回使える 新エネループ同梱 単3形エネループ4個付2倍速・3倍速対応急速充電器セット N-TGR01BS

価格:2,770円
(2012/9/17 22:02時点)
感想(9件)


乾電池という事を考えると
初期費用が高いように僕も最初思いました。
でも〝繰り返し使える〟という点が魅力的で、
あと意外と乾電池を電器屋さんに処分しに行く
手間がなくなるところが楽ですよ。


乾電池ってなくなった後、分けて置かないと
電池が残っているかわからなくなり、
分けたら分けたで家に残っていて、
掃除の時等に邪魔になってしまうんですよね。

洗顔・手洗い・歯磨きで水道代の節約

本日、レビュナビ という口コミ投稿サイトに
Doveのクリーミー泡洗顔を投稿しました。

洗顔料は詰め替え用で、パッケージをじっくり見ていると
素敵な節約情報が記載されていたので紹介します。

蜀咏悄_convert_20120827231304

洗顔・手洗いの時に、水の流しっぱなしを止めると、
年間912円、節約する事ができる
と書かれています。

ランチが食べれますね。

下記は、東京都水道局より引っ張ってきました。

●洗面・手洗い:1分間の流しっぱなしの場合 ⇒  約12ℓ
●歯磨き    :30秒間流しっぱなしの場合  ⇒  約6ℓ

流しっぱなしにすると、
結構な水の使用量になります。

洗っている最中は、水を止めたり、
コップや洗面器に水を貯めて使う等すれば、
年間で結構な 節約 ができそうです。

基本的な事のように思えましたが、
僕もコップを使わずに、水を流しながら
口をゆすいでいたり、思い返してみると
節水できていない心当たりがたくさん…。

ちなみにこのクリーミー泡洗顔、
ユニリーバの商品なのですが、
この会社はスキンケアや食品などを
扱っている会社です。

こういった事を
ちゃんと袋のパッケージに記載している所は、
ユニリーバさんの社会貢献というか、
エコ意識が高いというか、
尊敬できる会社ですよね。

レビュナビ への口コミ投稿から、
そんな事を考えた一日でした。

光熱費の節約 ゆで卵は、鍋で一緒に。

卵って色々な使い方ができますよね。

ゆで卵にすると、そのまま塩で食べたり、
サラダに入れたり、煮卵なんかにもできちゃう。
万能な食べ物です。

でも独り暮らしや夫婦のみの家だと、
一度にたくさんは茹でたりせず、
せいぜい1~3個位になりませんかね?

我が家も今のところ、僕と奥さんの2人しか
ゆで卵を食べないので、ガス代がもったいないな
と前から思ってました。

ゆで卵をどの位の硬さにするかにもよりますが、
半熟なら7分前後
固ゆでなら9~10分程度
が目安になるようです。

沸騰したら火を止めて、余熱を使った方法で作ると
約10分で半熟
約20分程度で固ゆで
になるようです。

ここで本題の我が家で、ゆで卵を作る方法を紹介します。
我が家では、毎日味噌汁やスープ等、汁物系を
必ず食べています。

そこで、沸騰する前から卵を汁物系の鍋の中に入れ、
沸騰してから10~20分程度放置するようにしました


この方法だと、先ほど書いたように余熱でゆで卵を作れ、
かつ汁物系の鍋の食材にも熱が通り、一石二鳥になるわけです。

特に夏の時期は、ガス台で熱を扱っていると、
部屋が温まってしまい、設定温度を下げると
エアコンや扇風機等の電気代まであがってしまう
可能性があります。
だから全体的な光熱費の節約としてもいい方法だと思ってます。

洗髪ブラシで頭皮ケア・水道代の節約

髪の毛の量が多いと、ワックスの量が多くなったりして、
髪を洗う事が大変じゃないですか?

僕も髪の量が多く、クセ毛で、毛が太い為、
スタイリングにハードタイプのワックスやヘアスプレー等
使っています。

シャンプーは、頭皮の脂を落とす為に主に使われるのですが、
髪にゴミやほこりが多いとなかなか泡立ちません。
でも、シャンプー前にそれらを落とそうとすると、
結構な水の量になりませんか?

この水の量は、水道代がかかるというより、
エコじゃないなと思い、
最近洗髪ブラシを使うようになりました。

髪を洗う前に、普通のヘアブラシで水通りをよくし、
シャンプーをつけ、泡立ちをつけてから、
洗髪ブラシを使うと、だいぶ泡立ちがよくなり、
さらにシャンプーを流す時に、頭皮をもみながら
洗うと、洗い流しがすごくすっきりしますよ。

頭皮の脂は、泡で毛穴から洗い流されるので、
たぶん泡立ちがよければよいほど、
いいんじゃないかと思っています。

この方法だと、水の量が結構違ってくると思うし、
節約とエコに繋がってるんじゃないかと
感覚的に思っています。

Extra

プロフィール

おめがね

Author:おめがね
20代 男性
節約しながら貯金して、
旅行やおいしい食事を
頂く事が好きです。
今年生まれた娘に
デレデレな一児のパパです。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。