Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chooking.blog.fc2.com/tb.php/115-1421ea0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子どもに読み聞かせたいおすすめ絵本

子どもの頃に読んだ絵本って、
大人になっても結構内容を覚えていたりしますよね。


はらぺこあおむし
かわいそうなぞう
アレクサンダーとぜんまいねずみ
              etc...

僕は、こういった本が今でも
自分で読んだり、読んでもらったり、
印象に残っています。

大人になると、読んでいた本が実は名作絵本だったりして、
親になってから子どもにも読んであげたいと
思う事が多いんじゃないかと思います。



銀座松坂屋7Fには、絵本コーナーがあり、
懐かしの絵本が色々と置いてありました。

懐かしの絵本がおいてあると、子どもよりも大人の方が
意外と夢中になってしまいません?


子どもに読み聞かせたい絵本という事で、
たくさんの絵本がコーナーに並んでいましたが、
その中でも一冊の絵本に興味を惹かれました。




こちらの絵本です。

パパのしごとはわるものです [ 板橋雅弘 ]

価格:1,365円
(2012/11/14 22:46時点)



絵本のタイトルは
『パパのしごとはわるものです』

対象年齢は 3才~小学校低学年
ページ数は 32ページ

2011年5月に出版された比較的新しい絵本です。

子どもを持つ父親なら、
絵本のタイトルとこの斬新な表紙を見たら、
ちょっと手に取りたくなってしまうのではないでしょうか?


この絵本の登場人物はパパと息子。
息子はある日、パパの仕事を知る。
パパの仕事は、あえて悪者になる事で、
他人を喜ばせる仕事。

パパの仕事・存在に戸惑いながらも
息子なりにそんなパパの仕事・存在を
理解しようとする様子が見ていて
感動させられます。


息子としては、いつだってパパには
スーパーヒーローであって欲しかったんでしょうかね?
複雑な息子の気持ちが印象的です。


我が家はいまのところ1人娘ですが、
息子ができたら、ぜひ読んであげたい絵本です。


絵本の感想もインターネット上で、
何件か寄せられているので、
参考にしてみてくださいね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chooking.blog.fc2.com/tb.php/115-1421ea0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

おめがね

Author:おめがね
20代 男性
節約しながら貯金して、
旅行やおいしい食事を
頂く事が好きです。
今年生まれた娘に
デレデレな一児のパパです。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。